妊娠・出産

40歳過ぎの男が妊活で心がけたこと

スポンサーリンク

40歳過ぎの男が妊活で心がけたこと

7484069988 b65e95044d

赤ちゃんを授かることで大切なことは色々あると考えられますが、女性側だけでなく男性側のメンタル面や体調管理も深く関わってくるのではないかと、二人目を授かったいま思います。

どれが効果があったかはよくわかりませんが、40代のおんせんパパが赤ちゃんを授かるまでに実行したことを書きます。
お悩みのカップルの男性は参考にしてみてください。

タバコ

20歳ごろに吸い始め27歳で禁煙に成功。
禁煙した元愛煙者にありがちな、完全に嫌煙になっています。

酒、アルコール

20歳ごろから飲み始め父親譲りの酒好きになる。
20代〜30代と独身時代は飲み友達と宴会三昧、1人でも飲み毎晩晩酌。新婚旅行のイタリアでも朝からワインをガンガン飲む酒好きだった。
しかし40歳の誕生日を少し過ぎた頃、断酒を決意、1年以上断酒継続中。

栄養

6582098195 714fbcd955

20代前半のころは、全く栄養を考えなくても元気だったが、20代後半ごろから乾き物やお菓子で酒を飲んだ翌日の二日酔いが酷かった。

そんな時、あるマルチビタミンを飲み始めたら、毎日の目覚めが変わりお酒をおいしく飲むには栄養に気をつけるしかないと悟る。

ちょうどその時期に、カップラーメンなどインスタント食品、ファーストフードのハンバーガーなどをいっさい食べなくなるが、どれだけ日常の食生活を充実させても、満足できる栄養は補えないことを知り、自分に足りなさそうな栄養素のサプリを週4日補給する健康マニアになる。

現在日常的に飲んでいるサプリは、マルチビタミン、アミノ酸コンプレックス、マカ、亜鉛。

※ビタミン剤やサプリはあくまで日常の栄養不足を補う補助食品として服用し、個人差や体質などありますので飲み過ぎなどは注意してください。

ストレス解消

4772251507 8ebce77a98

男の妊活で一番重要なのは、ストレスを貯めこまないことではないかと思う。

おんせんパパは人生の8割左右されてきた音楽でストレスを解消しています。

それ以外にも、美味しいものや温泉と、貯めこまないように心がけています。

ストレスは万病の元であると同時に、本来自分が持っているエネルギーを削いでしまうと思う。

生きている限りストレスはかかるし、仕事をする、お金を稼ぐにはストレスは避けられない。

自分の効果的なストレス解消法を見つけられない人は、メンタルがやられてしまうだけでなく妊娠にも影響があるのではないかと思います。

さくらんぼ

最後までお読みくださりありがとうございました!

※個人差がありますので、参考としてよろしくお願いいたします。

photo credit: 23/365 - Burgers de bison ! via photopin (license)
photo credit: 319/365: Banana kiwi ginger smoothie via photopin (license)
photo credit: dig the static via photopin (license)

  • この記事を書いた人
おんせんパパ

おんせんパパ

料理音楽旅行好きの2児の父、大分県在住の温泉好き。子どもたちと人生をワクワクさせることに全力です!

-妊娠・出産
-

Copyright© 育児奮闘!おんせんパパとさくらんぼママの徒然子育て , 2019 All Rights Reserved.