離乳食 完了期(1歳〜1歳6ヶ月)

赤ちゃんの離乳食 いちじくはいつから大丈夫?

いちじく 赤ちゃん IMG 5597 2

  • いちじくのタンパク質分解酵素が赤ちゃんに負担
  • いちじくは離乳食で赤ちゃんにむりにあげないほうがよい

いちじく 赤ちゃん いつから

オススメ人気記事です


失敗なしの赤ちゃんとはじめてのお正月^^
【お正月】赤ちゃんと初詣、服装など出かける前のチェック項目5つ!

この時期、赤ちゃんはとても肌荒れします…
【ほっぺの肌荒れ】赤ちゃんの頬の肌荒れは指しゃぶりが原因?対策をご紹介します

話題のキャベツダイエット!
【ダイエット】キャベツダイエットで星野源さんが2週間で5キロ痩せた方法とは?

スポンサーリンク

いちじくは離乳食でむりにあげないほうがよい

いちじく 赤ちゃん IMG 5607

おんせん

こんにちは!おんせんパパです

さくらんぼ

さくらんぼママです!

今日の離乳食食材、いつから大丈夫?のコーナーは「いちじく」です

おんせんパパの実家にはいちじくの木があって、物心ついた時からいちじくを食べてきました

毎年沢山採れるから楽しみ!

うん、家を遠く離れて一人暮らしを始めたあと、懐かしくなって時々スーパーで買ったりしてた、買うと結構高いの

中には全然甘くないのもあってね

いちじくって「雨」に注意しなきゃいけなくて、熟して実が割れたあと雨が降ると甘みが流れちゃうんだって

へーそうなんだ、じゃあ食べごろになったら、即採らなきゃいけないね

うん、美味しくないのは甘みが流れちゃったのかもしれない

今年もいちじくの収穫時期になったので、娘ちゃんにあげて良いのか調べてみました!

いちじくの離乳食で気をつけること

いちじく 赤ちゃん IMG 5603

離乳食でいちじくはいつから大丈夫?

できればあげないほうがよい

なぜ?

いちじく 赤ちゃん IMG 5599

  • いちじくに含まれるタンパク質分解酵素が多いため赤ちゃんの胃腸の負担になるおそれあり
  • タンパク質分解酵素が口のまわりにつくとかゆみがでることもある

たんぱく質分解酵素が多いため、胃腸が未発達な赤ちゃんには刺激が強すぎる場合も。 あえて与えなくてよいでしょう。
たんぱく質分解酵素が口のまわりにつくとかゆみが生じることもあります。

引用:離乳食 食べさせていいもの悪いもの600品 株式会社学研プラス 2017年11月25日 P44

おんせん

赤ちゃんにいちじくはあげないほうがよいね

さくらんぼ

あれ、ダメなの?

うん、調べても、食育辞典みたいな本を読んでもあまり書いていない

やっといちじくと赤ちゃんについて書いている本を一冊みつけたとこ

クックパッドでいちじくの離乳食を検索したら4件(※2015年8月7日時点)だよ

え?4件なの

うん、例えばリンゴとかだと500件以上出てくる(笑)

みなさんあげてないのね

うん、無理にあげない方がよいかも

大人でも口が痒くなるって人もいるから

おんせんパパは大好きなのにね

スポンサーリンク

いちじくは何歳から?

いちじく 赤ちゃん IMG 5595

おんせん

いちじくというか、他の離乳食でダメな食材もだけど

さくらんぼ

うん

赤ちゃんにいつからあげていいのかの考え方はこの育育辞典に書いてある文章ではないかな?

お菓子、甘いものーーー

6ヶ月近くになれば、親がケーキやアイスクリームなど食べているとたいてい赤ちゃんが欲しそうな様子をみせだします。
親のほうも食べさせたい気分にかられるでしょう。上の子が自分のお菓子を赤ちゃんの口にねじ込もうとすることもありがち、祖父母や客がおみやげに持ってきたお菓子を与えようとすることもあるかもしれません。
そういうときはそのお菓子類が赤ちゃんに害のあるものでない限り食べさせてやったほうがよいと思います。
虫歯の元になるとか甘いものの味を覚えさせたくないとか、ご飯を食べなくなるとかお腹をこわすとか、そういった心配から与えないとすれば、どこか冷たい。人間的な情よりも頭で考えた育児法に支配されすぎな感じがしてなりません。
〜〜〜〜中略〜〜〜〜
万が一食べた直後に蕁麻疹がでたり吐いたり、下痢をしたら、もちろんそのお菓子はしばらく控えなければいけません。けれどもそうした失敗も暮らしの中では許されてよい微笑ましさではないでしょうか。
ただ、そうはいっても見さかいなく与えていては食事に影響がでそうだし、糖分のとりすぎなどお菓子そのものの害もありえます。一日に1回、せいぜい2回にとどめるべきはもちろんです。

引用:山田 真 ,毛利子来(2007),育育辞典, p.154〜155, 岩波書店.

育育児典

新品価格
¥4,104から
(2015/8/8 06:28時点)


※いちじくやアレルギーについての文章ではなくお菓子や甘いものに対しての文章です

赤ちゃんそれぞれに体質があるから、答えみたいなものはないんだよね、きっと

アレルギーの食材ではなくお菓子の考え方だけど

これもダメ、あれもダメじゃ楽しみを奪うことになるしね

生活の中で徐々に、赤ちゃんに合わせて様子を見ながらあげていく

このいちじくの美味しさを、近いうちに娘ちゃんに教えてあげたい!

うん!

こちらでご紹介している、商品画像や、商品名をクリックすると
別ウインドウが開き、各ネットショップへ移動しますので、気になったらクリックしてください!

いつもご訪問くださいましてありがとうございます!

赤ちゃん、育児でとても助けられたamazonのサービス

無料で登録できるリストサービスAmazonベビーレジストリ

サンプル品を詰め合わせた無料のお試しボックスもあり

なんといっても登録はかんたん「無料」( *• ̀ω•́ )b

【Amazonベビーレジストリはこちらをクリック↓↓↓】

ココがポイント

  • 出産・育児に必要な商品をリストにして公開できるサービス
  • リストから家族やお友達に商品を贈ってもらうこともできます
  • 赤ちゃんやママ・パパの必需品を中心に使える割引サービス
  • 妊娠時や出産準備に必要なサンプル品を詰め合わせた無料のお試しボックスもあり

おんせん家はamazonファミリーを登録してパパママともプライム会員、定期的に買う洗剤から赤ちゃんのおむつやミルクなどリストアップして「定期おトク便」など、Amazonにお世話になりっぱなしでした。

実際、動けないのでなかなか自分で買いにいけないんですよ、ほんと助かります(*^^*)

amazonファミリー(amazonプライム)

>>amazonファミリーのページを見てみる→こちら

子育て世帯向けの特典がamazonプライム会員にプラスして受けることができるサービス。

もう、赤ちゃんのおむつやおしりふきの消費が半端ないんですよ、でも定期便購入で毎回15%OFFです( *• ̀ω•́ )b

日時指定ができるうえ送料無料で玄関まで届けられるありがたさといったらないです。

もちろん近所のドラッグストアにも行きますが、Amazonの価格で家まで持ってきてくれるという便利さには正直かないません。

amazonファミリー?

  • amazonファミリーとは「プライム会員」に「定期購入でのおむつ、おしりふき15%OFF」がついたサービス
  • プライム会員の会費

※年間 4900円(月々 408円)
※月々払い契約なら月額 500円

ママの負担が確実に減ります パパ、ぜひ確認してみてください(^^)

>>amazonファミリーのページを見てみる→こちら

両方便利ですよ(*^^*)

関連記事です(^^)

  • この記事を書いた人
おんせんパパ

おんせんパパ

料理音楽旅行好きの2児の父、大分県在住の温泉好き。子どもたちと人生をワクワクさせることに全力です!

-離乳食, 完了期(1歳〜1歳6ヶ月)
-

Copyright© 育児奮闘!おんせんパパとさくらんぼママの徒然子育て , 2019 All Rights Reserved.