赤ちゃんをおしゃべり上手にするために

angel-17045_1280.jpg
■6ヶ月ぐらいまでできる、お話能力を伸ばすコツ
・話かける、また絵本を読んで聞かせ、関心を示すものについて話す
・赤ちゃんはテレビやおもちゃより親を見たり親の歌を聞きたがることを理解する
・リラックスして赤ちゃんの発達プロセスを楽しむ

参考文献「おしゃべりって楽しいね」,『ニューズウィーク日本版 0歳からの教育』2012年版, p.16〜19, 阪急コミュニケーションズ.
おんせんパパって誰?何者?
と思われた方、こちら →おんせんパパ自己紹介です


SPONSORED LINK
おんせん.jpg
おんせんパパ:娘ちゃん!ただいま!
娘ちゃんse.jpg
娘ちゃん:あー!
おんせん.jpg
おんせんパパ:娘ちゃん、きょうはいい子にしてた?
娘ちゃんse.jpg
娘ちゃん:うー!
おんせん.jpg
おんせんパパ:最近よく笑うし「あー」とか「うー」とかしゃべるようになったね!
さくらんぼ.jpg
さくらんぼママ:そうなの、その赤ちゃんの言葉を「喃語(なんご)」って言うらしいよ
おんせん.jpg
おんせんパパ:そうなんだ!その「喃語」には意味みたいなものはあるの?
さくらんぼ.jpg
さくらんぼママ:どうも不快な時は泣き顔に「あー」みたいな声が加わって、機嫌がいい時はのどを鳴らしてるね(笑)
おんせん.jpg
おんせんパパ:あの「のど」を鳴らしているのは機嫌がいい時なんだ!
さくらんぼ.jpg
さくらんぼママ:娘ちゃんをよく見てたらどうもそんな感じ、そしてこの6ヶ月ぐらいから急激に言葉を覚えていくんだって
おんせん.jpg
おんせんパパ:それは楽しみだね!
さくらんぼ.jpg
さくらんぼママ:「あー」とかの喃語の次は単語の一番上の文字でものを表現するようになるらしいよ!ミルクが「み」とかおもちゃが「お」という感じ
おんせん.jpg
おんせんパパ:へー!それにどう反応すればいいの?
さくらんぼ.jpg
さくらんぼママ:その赤ちゃんが指すものをとってあげるといいんだって!それで赤ちゃんは認識して同じ言葉を話覚えていくって、いまは色々話しかけたり、絵本を読んであげると、単語を覚えていくらしいよ!
おんせん.jpg
おんせんパパ:そうなんだ!娘ちゃんに今日あったことを聞いてみよう!
さくらんぼママ:うん、いまから遊んであげて!
おんせん.jpg
おんせんパパ:娘ちゃん、きょうは楽しかった?
娘ちゃんse.jpg
娘ちゃん:あー!
おんせん.jpg
おんせんパパ:そうかそうか、離乳食が味がなかったんだね
娘ちゃんse.jpg
娘ちゃん:うー!
おんせん.jpg
おんせんパパ:え、はやくおんせんパパの作ったパスタ食べたいって?
娘ちゃんse.jpg
娘ちゃん:うー!
おんせん.jpg
おんせんパパ:まずは食べる練習からだから、もう少しの辛抱ね
娘ちゃん.jpg
娘ちゃん:ぎゃー!
さくらんぼ.jpg
さくらんぼママ:機嫌が悪くなった(笑)
おんせん.jpg
おんせんパパ:しょうがないよ〜(笑)
さくらんぼ.jpg
さくらんぼママ:はやくおんせんパパの作ったパスタ食べさせたいね!
おんせんパパって誰?何者?
と思われた方、こちら →おんせんパパ自己紹介です


SPONSORED LINK


サイト内検索: 例 離乳食 アボガド いつから? 入力→クリック↓↓